ホットクックのレシピや情報を発信しています

ホットクックレシピ | 公式メニュー「お家で牛丼」が優秀すぎる(エバラ すき焼のたれのみ)

ホットクックで作る牛丼

こんにちは、たろ夫です。

大人も子供もみんな大好きな牛丼。家族みんなが喜ぶ鉄板メニューですよね。

ファストフードも安くて手軽で良いのですが、たまにはおうちで(ホットクックを使って)手作りはいかがでしょう。ということで、今回はホットクック公式レシピから「お家で牛丼(エバラすき焼のたれコラボメニュー)」のご紹介です。

クラウド限定メニューです。WiFiに接続していないと公式通りに作れません。

Contents

どんなレシピ?

ホットクック公式レシピの「お家で牛丼」は、2022年3月の『エバラ食品 すき焼のたれコラボレシピ』として、クラウド限定メニューで配信が開始された比較的新しいメニューです。

必要な調味料は、まさかのエバラすき焼のたれのみ…!コラボレシピだとしても「本当にこれでいいの!?」と疑いたくなるほど、いさぎのよいレシピです。

レシピ通りだとすこし味が濃く感じるなところはありますが、びっくりするほど少ない材料と手間で作れてしまう点、知っておくとかなり重宝するメニューだと思います。

レシピ概要

たろ夫

ではさっそく、レシピを見ていきましょう!

材料(4人前/2.4Lの場合)

  • 牛肉 (切り落とし) 300g
  • 玉ねぎ(くし切り) 1個(200g)
  • エバラ すき焼のたれ 大さじ8
  • ごはん お好みで
  • 紅しょうが お好みで

少し味は濃いめな印象です。好みで大さじ7くらいにしても良いかと思います

¥279 (2022/10/13 20:36時点 | Amazon調べ)

所要時間

調理開始から盛り付けまでで、だいたい30分ほどです。ほとんどホットクックの加熱時間ですので、実働はものの数分程度です。

動画で見る

工程を動画で確認したい方は、こちらからご覧ください。(2分40秒)

ホットクックで牛丼を作る手順

1.内鍋に材料を入れる

ホットクックの内鍋に牛丼の具材を入れているところ

内鍋にくし切りにした玉ねぎ(200g)を入れ、その上に牛肉の切り落とし(300g)をほぐしつつ載せます。そして「エバラ すき焼のたれ」を大さじ7~8ほど入れます。 

たろ夫

玉ねぎは大きめのくし切りがおすすめです!

2.ホットクックで加熱をする

ホットクックで牛丼をセット

内鍋をホットクック本体にセットし、まぜ技ユニットを付けてからフタをします。

メニューを選ぶ→メニュー番号で探す→No.471「お家で牛丼(エバラ食品)」で調理を開始します。

3.加熱後、全体をまぜる

ホットクックで牛丼ができあがったところ

約20分ほどで加熱が終わります。加熱が済んだらホットクックのフタを開け、シリコン製などやわらかいキッチンツールでざっとかき混ぜます。

ホットクックのフッ素コート鍋はデリケートです。木のヘラや菜箸を使うと鍋底に傷がついてしまいます。シリコン製のカトラリーを使うことをおすすめします。

Kitchen room キッチンルーム
¥3,520 (2023/03/25 17:57時点 | 楽天市場調べ)

4.あたたかいご飯に盛り付けて完成

ホットクックで作る牛丼

ほかほかのご飯に乗せれば完成です。お好みで紅しょうがも乗せてください。

オススメポイント

おどろきの簡単さ

一番の魅力は、なんといっても簡単なところです。調味料が「エバラ すき焼のたれ」のみというのは、本当にお手軽すぎますよね。

途中お伝えしたように、ちょっと味が濃いきらいはありますが、好みの分量を見極められれば、本当に重宝するメニューになるはずです。玉ねぎの量を増やしたり、しらたきを加えたりして、味を調整するのも良いかもしれませんね。

しっかり味も染み込む

ホットクックで作った牛丼の牛肉

調理時間は20分とホットクックとしては短時間ですが、具材にしっかり味を染み込ませてくれます。牛肉も柔らかいですし、玉ねぎもクタクタっとした柔らかい食感で、ご飯が進みます。これはおいしい。

おわりに

以上、ホットクックの公式レシピの中からお家で牛丼(エバラ食品)のご紹介でした。

この手間でメインを張れる一品を用意できるのはありがたいですね。料理が苦手な方でもまず失敗しないでしょうし、疲れているときでもラクに作れるのではないかと思います。

非常に優秀なレシピだと思います。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Share
  • URLをコピーしました!

このブログの運営者

たろすけ(妻)・たろ夫(夫)の夫婦で活動するホットクック系個人メディアです。このブログのほか、YouTubeTwitterでレシピやお役立ち情報を発信中。各SNSの合計フォロワー数2万名を突破しました。

暮らしのルーティンの大部分を占めるキッチンでの時間。そこにホットクックを使った『遊び(=「楽しみ」と「ゆとり」)』を持たせる生活を、動画や文章を通じて表現・発信しています。

商品紹介やWEBメディアの制作協力なども行っています。
活動内容はこちら
お仕事のご依頼はこちら

Contents